アイキララ研究所
*
アイキララ研究所 > 高校生や中学生の目の下のクマにアイキララは効果があるの?

高校生や中学生の目の下のクマにアイキララは効果があるの?

最近は10代など若い世代でも目の下にクマができてしまうこともあり、
「高校生だけど目の下のクマが消えなくて悩んでいる」
という方も増えてきているようです。
そんな目元のクマやたるみを改善するというアイクリーム「アイキララ」はそんな高校生や中学生でも使用できるため、人気のアイクリームとなっています。

高校生でも目元のクマに悩んでいる人が増えています

最近はパソコンやスマートフォンやタブレットの普及もあり、若い世代でも眼精疲労に悩む人が増えてきました。
特にスマホ老眼という名前が近年流行っているように、スマートフォンの使い過ぎにより目を酷使し、その結果眼精疲労になってしまうという悪循環が生まれています。
スマホ老眼に発症年齢は関係なく、原因としては「スマホをよく使う人」のため、例え10~20代であっても発症の可能性は十分にあります。

眼精疲労の影響により目元の筋肉が衰え、クマができてしまうというのが一番考えられるケースかと思います。

高校生年代で多いのは青クマ

青クマ

高校生年代で多いのは青クマが考えられます。
青クマは一般的に寝不足や目の疲れが原因とされていて、目の周りの毛細血管の血行不良によって起こります。
スマホなどで長時間のゲームや頻繁にSNS(LINE・Facebook・Twitterなど)を使用する機会の多い中学生や高校生は、まさに青クマができやすい環境だと言えるのです。

青クマの改善方法は血行促進

目元にできた青クマの改善方法は、基本的に血行促進がポイントです。
アイキララのようなアイクリームでケアするのも1つの方法ですが、他には

  • 顔(特に目の周り)のマッサージ
  • ホットタオルなどでの目のケア
  • 栄養バランスの取れた食事
  • 睡眠などでしっかり休む

といった点も大事になってきます。この中でどれか1つに頼るのではなく、全体的に意識しておくことが改善への近道かと思います。

ホットタオルなどはおすすめ

タオルを電子レンジで温めホットタオルとして目をケアするのは非常におすすめです。
600Wの電子レンジであれば30~40秒ほど温めることで丁度いい温度のホットタオルができます。それを7~10分ほど目の上に置いて温めましょう。
熱すぎると火傷をしてしまうので、初めてホットタオルを作る際は少しずつ温めてホットタオルを作り、自分が気持ち良いと思う適温を探してみてください。

アイキララも併用して使うことで効果を高めます

ホットタオルやマッサージなどと併用してアイキララでケアすることでより効果的に目元のクマ解消を期待できます。
特にアイキララには抗酸化作用の高いビタミンEを含んだトコフェロールが配合されているため、そういった成分が目の下の筋肉の血行を促進させるサポートをします。

特に高校生などの10代は肌のターンオーバーも早く、ハリや弾力も良いので、しっかりケアをすればむしろ改善できるスピードは大人よりも早い可能性もあります。
悩み過ぎず、コツコツと毎日ケアを続けていきましょう。