アイキララ研究所
*
アイキララ研究所 > 目元のクマをレーザー治療で治す費用やデメリット

目元のクマをレーザー治療で治す費用やデメリット

目の下のクマはとても気になるところです。美容整形ではそれぞれの目元のクマの性質に合わせて治療する方法が揃っています。注射や脂肪吸引、それにレーザー治療やラジオ波、高周波治療などによる改善を促す方法などがあります。そんな中でもレーザーや高周波を使った治療法について考えてみましょう。どのようなものがあり、価格は幾らぐらいなのか、デメリットはなどさまざまな面からのご紹介です。

ヤグレーザーピーリング

ヤグレーザーピーリングは、反射作用を利用した表面ピーリングを行うレーザー治療です。
また肌の深い部分まで温まめることができ血行を促進させることも。
ピーリングについては古い角質を剥がしやすくすることによって、肌のターンオーバーも正常になります。

そのため色素沈着が原因の茶クマに、また血行を良くすることによって青クマにもおすすめです。そしてピーリングによって肌の再生が促進、コラーゲンの生成の促進効果もありシワやたるみが原因の黒クマの予防にもつながります。目の周辺だけなら一回約20,000円程度。トラブルの少ない安心でいるレーザー治療の一つですが治療後のスキンケアが重要となります。

Vスターレーザー

Vスターレーザー治療は、皮膚へのダメージが極力少ないタイプのレーザー治療の一つです。
毛細血管の広がってしまった、赤ら顔やニキビ痕の赤みや色素沈着に効果があると言われているレーザー治療法です。冷却装置が付いており、ダメージが抑えられています。

メラニンの分解効果も高く、色素沈着による茶クマにおすすめのレーザー治療です。同時にたるみや小じわの治療も行えるので、黒クマの予防にも期待できます。1㎝×1㎝で約10,000円と考えて起きましょう。特にトラブルの少ないレーザー治療です。

ダイオードレーザー

それぞれの細胞一つひとつを活性化させていくタイプのレーザー治療なので、とても細かく改善する効果のあるレーザー治療です。
低出力、低エネルギーのレーザーで細胞の新陳代謝を活性化させていきます。そこで色素沈着が影響している茶クマにとてもおすすめの方法です。1分1,000円程度。

Qスイッチルビーレーザー

694nmの単一波光を照射する治療法です。特に茶クマの原因となる色素沈着を改善します。
メラニン色素を破壊する特徴がありますが、その他の細胞への悪影響がないことがこの方法の魅力です。重度の茶クマにもおすすめの方法です。
価格は1回約5,000円程度。安全度の高い方法ですが、治療後のスキンケアは重要です。

スタックレーザートーニング法

スタックレーザーをクマに直接照射します。それによってメラニン色素の生成を抑える効果があります。
一般的には肝斑の治療に使われていますが、茶クマの治療にも効果が高いと言われている方法です。一回あたり価格は約12,000円程度。

高周波による施術

サーマクール

ラジオ波を照射する方法です。肌のハリを改善し、目の下のたるみによる黒クマにおすすめの方法です。
皮膚の奥まで熱を与えるので、血行促進にもなり青クマにもおすすめ。大体1回の照射で効果が持続します。

テノール

40.68MHZの高出力の高周ラジオ波によって、脂肪層の部分まで十分に温かくしていきます。
それによって血行が促進し、他にもリフトアップやハリアップ、たるみ除去などの効果があるとのこと。施術をすると即効果を感じることができ、1週間に一回程度の定期的な照射によって効果は安定してくると言われています。

顔全体の血行を高めることができるため、血行にかかわる青クマにおすすめです。
また、たるみを改善しリフトアップ効果も高いため黒クマも目立たなくしてくれます。もちろん血行が良くなれば肌細胞の再生も正常になるので、色素沈着の茶クマにも長い目でみると効果があるとも言われています。
1クール5回程度の照射で約10,000円程度。価格も利用しやすくなっています。

レーザー治療の注意するべきこと、デメリット

どのレーザー治療でも医師による施術が条件であり、きちんと副作用のないような施術が行われています。しかしどうしても起こりやすい副作用も。
例えばレーザーの刺激による赤みや痛みですが、ほとんどは施術中にぴりぴりという刺激がありますが施術後はなくなります。

赤みも2数時間程度で消えることがほとんどです。しかしたまにひりひりする刺激が残ったり、赤みがなかなか消えないということも。
当然医師による対処が行われますので、痛みや赤みに対しては遠慮無く医師に伝えることが大切です。
施術後数日たってからでも、不安があったらすぐに医師に相談しましょう。すぐに対処してくれるはずです。

また照射後に破壊された色素がかさぶたになることも。新しい表皮を作るためにも必要なことでもあるので取らないで自然に取れるのを待ちましょう。
大体1週間~10日で取れます。またシミが一時的に濃い状態になることもありますが、次第に薄くなっていくので焦らないようにしましょう。

他にも特に色素を破壊するタイプのレーザー治療では、どうしても治療後の肌がデリケートになっているので注意が必要になります。
まず紫外線対策をしっかり行い、紫外線のダメージから守らなければなりません。また普段よりしっかりとした保湿を心掛ける必要も。

そしてその部分に刺激を与えないことも重要となります。これらが守れないならレーザー治療はおすすめできません。