アイキララ研究所
*
アイキララ研究所 > 青クマ・茶クマ・黒クマが出来てしまう原因とは

青クマ・茶クマ・黒クマが出来てしまう原因とは

目の下のクマというと、やはりとても疲れて見えたり、老けて見えたりしてしまいます。そんな目の下のクマについて悩んでいる人も結構多いのではないでしょうか。
メイクをしてもなかなか隠れないクマですが、いったいどのようなことからできるのか。
いつも目の下のクマが気になっている人は、まずクマとはどういうものなのかを知り、どのようにしたらカバーできるのかなど、いろいろな面から考えてみましょう。

目の回りの状態から考える

目元のくまを気にする女性
目の下のクマというのを知るときに、まず目の回りの状態を知ることが大切です。眼球の周辺には多くの毛細血管が存在しており、当然そこには血液が流れ、目に栄養、酸素などを届けています。
そして目を衝撃から守るために目の上下には眼窩脂肪があり、眼球を支える役割も兼ねているのです。

また、その眼窩脂肪の外側に眼輪筋という筋肉が覆い、その上にとても薄い皮膚が覆っています。目の付近の皮膚は体の中でも一番薄い皮膚とも言われており、軽くこすったり少しの刺激でも色素沈着を起こしやすい部分なのです。
このような目の回りの状態を頭に入れておいて、クマのことを理解していきましょう。

目の下のクマの種類について

目の下のクマには血行不良と深く関係する青クマ(青グマ)、色素沈着などに関係する茶クマ(茶グマ)、たるみに深く関係する黒クマ(黒グマ)の3つのタイプが主なクマの種類となります。

青クマについて

青クマ

青クマの原因

青クマの原因は目の周辺に集まっている毛細血管がありますが、血液が何かの原因によって滞ってしまうことで、皮膚の上から青く見えているというのがほとんどの理由です。
毛細血管の血流が悪いという原因には体の冷えや、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、疲れ、ストレス、眼精疲労などがあります。そのため生活習慣が乱れている人は、もう一度生活を見直す必要があるのかも知れません。

マッサージをする

青クマの対処法は目の周辺の血行を良くすることが重要です。目の回りのマッサージやホットパックなども効果があると言われています。ただし目の回りはとても薄い皮膚なので、マッサージは逆に目の回りの色素沈着、たるみ、シワなどの原因にもなってしまうことも。そのためクリームなどを使って優しく指先で行うようにしましょう。また血行を高めるビタミンK配合のアイクリームを利用して、ぬるときに軽いマッサージを行ってはいかがでしょう。

冷え性を改善する

目の回りだけでなく、体全体の血行を高めることが重要です。そこで冷え性の人は冷え性体質を改善することを考えましょう。まず栄養はしっかり取っているでしょうか。もし過度なダイエットなどをしているなら、栄養をもう少し考えた食事が大切です。また半身浴や適度な運動もおすすめです。食べものでは根菜類を多く摂取し、ショウガを毎日食べるかど冷え性に良いものを食べる意識も。喫煙も血行を落としてしまうため、できるだけ禁煙をしたいものです。

睡眠

睡眠は十分に取っているでしょうか。睡眠中にはホルモン分泌や代謝が行われます。睡眠がしっかり取れていないと、どうしても血行悪化となってしまいます。寝る時間を早めたり、睡眠をしっかり取るようにこころがけましょう。

眼の疲労

最近は仕事でも1日中パソコンを見る仕事も増えています。パソコンや携帯などの画面はブルーライトのため、眼の奥まで届き痛めていきます。そのため眼精疲労系の、眼の疲れを抱えている人もたくさんいます。眼の疲れは当然直接目周辺の血行不良につながります。1時間ごとに目を休めるなど、パソコン使用時間を調整していきましょう。

運動

運動不足も体の血行を悪化させてしまいます。適度な運動を行いましょう。例えば1日15分程度の寝る前ストレッチからスタートしてもOK。意識するだけでも随分違ってくるはずです。

茶グマについて

茶クマ

原因

茶グマの原因はほとんどが色素沈着。色素沈着というと、やはり刺激ということで目のこすりすぎが頭に浮かびます。もちろんマッサージのしすぎや目のこすりすぎも。しかし意外と知られていないのが紫外線によるダメージなのです。紫外線の攻撃を受けると、そこに活性酸素が溜まりメラニン色素が増えていきます。

特に目の周辺の皮膚はとても薄いため、影響は大きく活性酸素も溜まりやすく、メラニン色素もすぐに増加。つまり普通の肌よりシミができやすいのです。そして紫外線によってかぶれや乾燥ガサガサによる色素沈着も。また目にぎりぎりのところは、日焼け止めクリームやファンデーションを付けにくいので、余計紫外線の影響を受けやすくなります。

ここまでは表皮のトラブルによる茶クマの原因ですが、実は茶クマの場合は真皮層の問題があることも。遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と言うアザの一種などはその代表的なものです。成人する頃から表れるあざで、皮膚の深いところにメラニンが沈着しており目の下の部分に表れることがあります。これが茶クマの原因となることも。

マッサージのしすぎ注意

目の周辺のマッサージは大切ですが、優しく皮膚の上を指の腹を滑らすように行いましょう。また自分的には物足りないぐらいでベストなので、マッサージのしすぎに注意しなければ茶クマの原因になります。

紫外線を避ける

紫外線が意外と茶クマの原因になるため、サングラスなどUV効果のあるものを使用するように。特に運転をする人は曇った日でも紫外線は受けます。そこで曇った日にも運転しやすいような、色の薄いサングラスも用意しておくといいでしょう。

美白ケア

毎日のケアをおすすめします。特に美白作用の高いビタミンC誘導体配合の、スキンケアコスメなどもおすすめ。他にも肌の消しゴムとも言われている、強力美白成分ハイドロキノン配合のクリームなども有効です。トレチノンとハイドロキノンの併用も効果がありますが、目に入ると危険なので濃度が重要となります。そのためこれら美白効果の高い成分を使用するなら医師に相談しましょう。

メイクで改善

茶クマはメイクで意外と隠しやすいタイプです。イエロー系のカバーファンデやコンシーラでも目立たなくなります。青クマ、黒クマに比べ、茶クマはメイクで一番自然に隠しやすいタイプだとも言われています。

黒クマについて

黒クマ

原因

黒クマの原因には目の下の脂肪が少ない場合があります。これは生まれつきのもので、だんだん年齢が高くなるにつれて目の周辺の脂肪が萎縮したり、皮膚がたるむことによって目のラインに沿ったへこみが目立つようになります。

また加齢によって眼窩脂肪が出っ張ってくると目袋が大きくなり、その下にシワのような黒っぽいへこみができることもあります。これらはいわゆるシミ系ではなく凹み系なので、メイクでは隠せません。へたにメイクでなんとかしようとすると逆に目立つことにも。

ヒアルロン酸注射

へこみが目立つようになった場合は、ヒアルロン酸注射でへこみを埋めることが一つの方法です。それによって黒クマはなくなります。施術は美容外科や美容皮膚科で行いましょう。

脂肪を抽出する

目の下の眼窩脂肪が増えて膨らんでしまうという場合もあります。特に早い人では40代、多くの場合50代ぐらいから目立つようになります。そこで眼窩脂肪を目の中の下部分から、注射器のようなものを使って吸い取ります。ただしあまり大きく溜まってしまってからでは、脂肪を取った後に皮膚のたるみが目立ってしまうので、あまり大きくならないうちに施術をした方がいいようです。施術は美容外科などで行えます。

アイキララで目元のクマをケアしよう

目のクマの治療には様々な方法がありますが、まずはできることから始めることが大切です。
目元専用のクリームであるアイキララであれば、目元のクマやたるみを改善してくれる効果があるので、そういったアイテムを利用してクマ解消していくのも1つの方法です。